トップ  > ブログ  > カタルタの活用法「肉」

カタルタの活用法「肉」

今日は29日、肉の日ですね。
というわけで「肉」について、カタルタで語ります。
 
一口にお肉と言っても、実に様々な種類があります。
鶏、牛、豚から羊など、本当にいろいろです。
 
「そして」
 
そして、「ジビエ」と呼ばれる獣肉も最近では人気です。
イノシシや鹿、クマなどの肉を食べさせる店も珍しくありません。
カエルやワニ、カンガルーの肉を食べる地域もあります。
人間は、あらゆる種類の肉を食べているのです。
 
「ようするに」
 
ようするに、肉を食べたいなと感じるのは、動物としての本能かもしれません。
人が口に運ぶ食べ物のほとんどが肉です。
極端に言えば野菜なども、植物の肉だと考えられるでしょう。
魚肉やクジラ肉なども、もちろん肉と言えます。
 
「いっそ」
 
いっそ、食べるなら美味しい肉を食べたいものです。
出来るだけ新鮮で質の良い肉を食べることが大事になります。
本当に美味しい肉を食べられたら満たされた気持ちになるでしょう。
 
 
いかがでしたか?
人間が生きていくための食べ物の中でも欠かせないのが肉です。
極端なベジタリアンでもない限り必ず肉を食べています。
食物連鎖の輪の中で生きていることを忘れないようにしましょう。
 
今回も、オールのカタルタ担当、雷蔵がお届けしました。
また次回をお楽しみに。

合同会社サポートみらい

〒 812-0013

福岡市博多区博多駅東3丁目1-29博多第2ムカヰビル405号

TEL:092-409-8748
080-4783-0527

FAX:092-510-5460