トップ  > ブログ  > カタルタの活用法「うなぎ」

カタルタの活用法「うなぎ」

カタルタの活用法「うなぎ」

さてさて今日もカタルタの時間です。
明日、7月21日は土用丑の日ですね。
そこで今回は「うなぎ」についてカタルタで語りたいと思います。

土用丑の日と言えば昔から、うなぎを食べるのが伝統です。
実は「う」が頭に付く食べ物なら何でも良いとも言われています。
うなぎは、特に栄養価の高い食べ物として重宝されてきました。

「そのくせ」

そのくせ、うなぎの生態は、その多くが謎に包まれています。
どのようにして、成長するのか詳しいことが秘密のままなのです。
そのため、完全なうなぎの養殖方法は、まだわかっていません。

「でも」

でも、長年の研究によって少しずつ、うなぎの謎は解き明かされてきています。
貴重な食材であるうなぎを守るための力となるでしょう。

「しかし」

しかし、天然うなぎは今後も食べられる機会が少なくなっていくかもしれません。
日本の食文化が広がったため、海外でも高級食材として人気のようです。
これからも美味しいうなぎを食べていくための課題は山積みとなっています。
それはともかく、お腹いっぱいに、うなぎを味わいたいものです。

いかがでしたか?
今回は「うなぎ」についてカタルタで語りました。
折角の土用丑の日ですから是非、うなぎを味わってみてください。
以上、オールのカタルタ担当、雷蔵でした。

合同会社サポートみらい

〒 812-0013

福岡市博多区博多駅東3丁目1-29博多第2ムカヰビル405号

TEL:092-409-8748
080-4783-0527

FAX:092-510-5460